おもろさうし/第一

From Wikisource
Jump to navigation Jump to search
おもろさうし  (1531) 
第一
きこゑ大きみがおもろ 首里王府の御さうし 嘉靖十年

きこゑ大ぎみがおもろ 首里王府の御さうし 嘉靖十年 第一

あおりやへが節[edit]

1-1(1)

一聞得大君ぎや/降れて 遊びよわれば/天が下/平らげて ちよわれ/又鳴響む精高子が/又首里杜ぐすく/又真玉杜ぐすく

一きこゑ大きみきや/おれて あすひよわれは/てにかした/たいらけて ちよわれ/又とよむせたかこか/又しよりもりくすく/又またまもりくすく

あおりやへが節[edit]

1-2(2)

一聞得大君ぎや/降れて 遊びよわれば/神てだの/守りよわる按司添い/又鳴響む精高子が/又首里杜ぐすく/又真玉杜ぐすく

一きこゑ大きみきや/おれて あすひよわれは/かみてたの/まふりよわるあんしおそい/又とよむせたかこか/又しよりもりくすく/又またまもりくすく

あおりやへが節[edit]

1-3(3)

一聞得大君ぎや/世添うせぢ みおやせば/千万 世 添わて ちよわれ/又鳴響む精高子が/又聞ゑ按司添い/又鳴響む按司添い/又首里杜ぐすく/又真玉杜ぐすく/又大君す 守らめ

一きこゑ大きみきや/世そうせち みおやせは/千万 世 そわて ちよわれ/又とよむせたかこか/又きこゑあんしおそい/又とよむあんしおそい/又しよりもりくすく/又またまもりくすく/又大君す まふらめ

あおりやへが節[edit]

1-4(4)

一聞得大君ぎや/天の祈り しよわれば/てるかはも 誇て/おぎやか思いに/笠利 討ちちへ みおやせ/又鳴響む精高子が

一きこゑ大きみきや/てにのいのり しよわれは/てるかはも ほこて/おきやかもいに/かさり うちちへ みおやせ/又とよむせたかこか

あおりやへが節[edit]

1-5(5)

一聞得大君ぎや/赤の鎧 召しよわちへ/刀うちい/大国 鳴響みよわれ/又鳴響む精高子が/又月しろは さだけて/又物知りは さだけて

一きこゑ大きみきや/あけのよろい めしよわちへ/かたなうちい/ちやくに とよみよわれ/又とよむせたかこか/又月しろは さたけて/又物しりは さたけて


あおりやへが節[edit]

1-6(6)

一聞得大君ぎや/神座吉日 取りよわちへ/按司添いす/十百末 ちよわれ/又鳴響む精高子が/又てるかはと 行き合て/又てるしのと 行き合て/又首里杜ぐすく/降れて 降れ栄よわ/又真玉杜ぐすく/[又喜界の浮島/喜界の焼島]/又 首里杜ぐすく/世掛けにせ按司添い/又真玉杜ぐすく/添いにせ按司添い/又聞ゑ按司添いや/神座ぎやめ 鳴響で/又鳴響む按司添いや/おぼつぎやめ 鳴響で

一きこゑ大きみきや/かくらゑか とりよわちへ/あんしおそいす/ともゝすへ ちよわれ/又とよむせたかこか/又てるかわと よきやて/又てるしのと よきやて/又しよりもりくすく/おれて おれふさよわ/又またまもりくすく/〔又ききやの浮島/ききやのやけしま]/又しよりもくすく/世かけにせあんしおそい/又またまもりくすく/おそいにせあんしおそい/又きこゑあんしおそいや/かくらきやめ とよて/又とよむあんしおそいや/おほつきやめ とよて

あおりやへが節[edit]

1-7(7)

一聞得大君ぎや/十嶽 勝りよわちへ/見れども飽かぬ首里親国/又鳴響む精高子が/又首里杜ぐすく/又真玉杜ぐすく

一きこゑ大きみきや/とたけ まさりよわちへ/みれともあかぬ首里おや国/又とよむせたかこか/又しよりもりくすく/又またまもりくすく

あおりやへが節[edit]

1-8(8)

一聞得大君ぎや/京のせぢ 遣りよわば/島 丸く/御声し遣り 添わ/又鳴響む精高子が/又首里杜ぐすく/又真玉杜ぐすく

一きこゑ大きみきや/けよのせち やりよわは/しま まるく/みこゑしやり おそわ/又とよむせたかこか/又しよりもりくすく/又またまもりくすく

あおりやへが節[edit]

1-9(9)

一聞得大君ぎや/降れて 降れ栄よわちへ/世 揃いて/おぎやか思いに みおやせ/又鳴響む精高子が/又首里杜ぐすく/又真玉杜ぐすく

一きこゑ大きみきや/おれて おれふさよわちへ/よう そろいて/おきやかもいに みおやせ/おきやかもいに みおやせ/又とよむせたかこか/又しよりもりくすく/又またまもりくすく

きこゑたうやまが節[edit]

1-10(10)

一聞得大君ぎや/戦せぢ みおやせ/又鳴響む精高子が/又聞ゑ按司添いや/又鳴響む按司添いや

一きこゑ大きみきや/いくさせち みおやせ/又とよむせたかこか/又きこゑあんしおそいや/又とよむあんしおそいや

あおりやへが節[edit]

1-11(11)

一聞得大君ぎや/十百/算為ちへ ちよわれ/又鳴響む精高子が/又首里杜ぐすく/又真玉杜ぐすく

一きこゑ大きみきや/ともゝ/さにしちへ ちよわれ/又とよむせたかこか/又しよりもしくすく/又またまもりくすく


大きみがいくさせぢみおやせが節[edit]

1-12(12)

一聞ゑ藤山に/大君ぎや 気 遣りよわ/又鳴響む藤山に/又せるましの くひしに/又島尻の 藺草に

一きこゑたうやまに/大きみきや け やりよわ/又とよむたうやまに/又せるましの くひしに/又しましりの いくさに

あおりやへが節[edit]

1-13(13)

一聞得大君ぎや/搔い撫でわる貴み人/果報寄る見揚がの杜 ちよわれ/又鳴響む精高子が/又首里杜 ちよわる/又真玉杜 ちよわる

一きこゑ大きみきや/かいなてわるたゝみきよ/かほうよるみやがのもり ちよわれ/又とよむせたかこか/又しよりもり ちよわる/又またまもり ちよわる


あおりやへが節[edit]

1-14(14)

一聞得大君ぎや/祈り奉れば/万万 あすらまん ちよわれ/又鳴響む精高子が/又首里杜ぐすく/又真玉杜ぐすく

一きこゑ大きみきや/いのりたてまつれは/まんまん あすらまん ちよわれ/又とよむせたかこか/又しよりもりくすく/又またまもりくすく

あおりやへが節[edit]

1-15(15)

一聞得大君ぎや/せぢ高 うち揚がて ちよわれ/又鳴響む精高子が

一きこゑ大きみきや/せちたか うちやかて ちよわれ/又とよむせたかこか

あおりやへが節[edit]

1-16(16)

一聞得大君ぎや/首里杜 降れわちへ/おぎやか思いや/君しよ 守りよわめ/又鳴響む精高子が/真玉杜 降れわちへ/又さしふ 照る雲に/降れ直ちへからは/又さしふ 照るきしやけ/降れ栄てからは/又てるかはと 十声 遣り交ちへ/又てるしのと ゑりちよ 遣り交ちへ/又てるかはも 誇て

一きこゑ大きみきや/しよりもり おれわちへ/おきやかもいや/きみしよまふりよわめ/又とよむせたかこか/またまもり おれわちへ/又さしふ てるくもに/おれなおちへからは/又さしふ てるきしやけ/おれふさてからは/又てるかはと とこゑ やりかわちへ/又てるしのと ゑりちよ やりかわちへ/又てるかはも ほこて

あおりやへももりやあんじが節[edit]

1-17(17)

一聞得大君ぎや/せぢ鳴響み精軍/島討ちの 鳴響み/又鳴響む精高子が/せぢ鳴響み精軍/又聞ゑ按司添いぎや/せぢ鳴響み軍/又鳴響む按司添いぎや/せぢ鳴響み軍/又ゑそこ 通わぎやめ/せぢ 遣り遣り 添う/又み御船 通わぎやめ/せぢ 遣り遣り 添は/又精軍 押し発てば/気 遣り遣り 守ら/又精百 押し発てば/気 遣り遣り 守ら/又だしきや 打ち釘/ちやはれ 廻らし

一きこゑ大きみきや/せちとよみせいくさ/しまうちの とよみ/又とよむせたかこか/せちとよみせいくさ/又きこゑあんしおそいきや/せちとよみいくさ/又とよむせあんしおそいきや/せちとよみいくさ/又ゑそこ かよわきやめ/せち やりやり おそは/又せいくさ おしたては/けお やりやり まふら/又せひやく おしたては/けお やりやり まふら/又たしきや うちくき/ちやはれ まわらし

あおりやへが節[edit]

1-18(18)

一聞得大君ぎや/首里杜 降れわちへ/百歳ぎやめ/おぎやか思いしよ ちよわれ/又鳴響む精高子が/真玉杜 降れわちへ/又聞ゑ按司添いや/又鳴響む按司添いや

一きこゑ大きみきや/しよりもり おれわちへ/ひやくさきやめ/おきやかもいしよ ちよわれ/又とよむせたかこか/またまもり おれわちへ/又きこゑあんしおそいや/又とよむあんしおそいや

あおりやへが節[edit]

1-19(19)

一聞得大君ぎや/今日 降らす 雨や/京の内庭に/金 降り満ちへて/又鳴響む精高子が/又今日の良かる日に/又今日のきやかる日に

一きこゑ大きみきや/けよ ふらす あめや/きやのうちみやに/こかね ふりみちへて/又とよむせたかこか/又けおのよかるひに/又けおのきやかるひに

あおりやへが節[edit]

1-20(20)

一聞得大君ぎや/しけ内 綾 遊ばちへ/清らの花の/うらと/鳴響で 見物/又鳴響む精高子が

一きこゑ大きみきや/しけうち あや あすはちへ/きよらのはなの/うらうらと/とよて みもん/とよむせたかこか

あおりやへが節[edit]

1-21(21)

一聞得大君ぎや/島討ち富 押し浮けて/神座の天降り富る かに ある/又鳴響む精高子が/又今日の良かる日に/又今日のきやかる日に

一きこゑ大きみきや/しまうちとみ おしうけて/かくらの てよりとみる かに ある/又とよむせたかこか/又けおのよかるひに/又けおのきやかるひに

きこへ大ぎみみてづからいのてが節[edit]

1-22(22)

一聞得大君ぎや/御愛しけ按司添い/うらと/同座敷 ちよわれ/又鳴響む精高子が

一きこゑ大きみきや/みかなしけあんしおそい/うらと/ゑんさ〔し〕き ちよわれ/又とよむせたかこか

よかきげらへが節[edit]

1-23(23)

一大君ぎや/いろのべに 直 しよわちへ/君 撓て なよらに/又精高子が/まだまべに 直 しよわちへ/又今日の良かる日に/又今日のきやかる日に

一大きみきや/いろのへに な しよわちへ/きみ しなて なよらに/又せたかこか/またまへに な しよわちへ/又けおのよかるひに/又けおのきやかるひに

あおりやへが節[edit]

1-24(24)

一聞得大君ぎや/降れて 降れ直しよわ/按司添いに/世果報 みおやせ/又鳴響む精高子が

一きこゑ大きみきや/おれて おれなふしよわ/あんしおそいに/世かほう みおやせ/又とよむせたかこか

あおりやへが節[edit]

1-25(25)

一聞得大君ぎや/初め軍 立ちよわちへ/合おて 行き遣り/敵 治めわちへ/又鳴響む精高子が

一きこゑ大きみきや/はちめいくさ たちよわちへ/あおて いきやり/かたき ひちめわちへ/又とよむせたかこか

あおりやへが節[edit]

1-26(26)

一聞得大君ぎや/世掛けせぢ 降ろちへ/按司添いしよ/末 勝て ちよわれ/又鳴響む精高子が/又首里杜ぐすく/又真玉杜ぐすく

一きこゑ大きみきや/世かけせち おろちへ/あんしおそいしよ/すゑ まさて ちよわれ/又とよむせたかこか/又しよりもりくすく/又またまもりくすく

あおりやへが節[edit]

1-27(27)

一聞得大君ぎや/歓ゑわちへからは/成さい人思いに/島が命 みおやせ/又鳴響む精高子が/又首里杜ぐすく/又真玉杜ぐすく

一きこゑ大きみきや/あまゑわちへからは/なさいきよもいに/しまかいのち みおやせ/又とよむせたかこか/又しよりもりくすく/又またまもりくすく

あおりやへが節[edit]

1-28(28)

一聞得大君ぎや/世果報杜に/島世 揃へわちへ/又鳴響む精高子が/又佐敷金杜に 世果報/又聞ゑ吾が成さい人に

一きこゑ大きみきや/世かほうもりに/しまゆ そろへわちへ/又とよむせたかこか/又さしきかなもりに 世かほう/又きこゑあかなさいきよに

大ざとのげすのおもいあんじぎや節[edit]

1-29(29)

一与那覇浜 聞得大君/八千代 掛けて 鳴響まさに/又あきり口 鳴響む大君/八千代/又馬天浜 聞ゑ照る君/八千代/又赤ら傘 百度踏み揚がり/八千代

一よなははまきこゑ大きみ/やちよ かけて とよまさに/又あきりくち とよむ大きみ/やちよ/又はてんはま きこゑてるきみ/やちよ/又あからかさ もゝとふみあかり/やちよ

あおりやへが節[edit]

1-30(30)

一聞得大君ぎや/雨漏らん杜に/いのり揚がりしよ/世はちよわれ/又鳴響む精高子が/又佐敷金杜や

一きこゑ大きみきや/あめもらんもりに/いのりあかりしよ/世わちよわれ/又とよむせたかこか/又さしきかなもりや

きこへ大ぎみぎやさやはたけおれわちへが節[edit]

1-31(31)

一聞得大君ぎや/てるかはは 宣立てゝ/按司添いしよ/天ぎや下 添ちへ/又鳴響む精高子が/てるしのは 宣立てゝ/又いせゑけり按司添い/肝が内は 嘆くな/又いせゑけり貴み人/御肝内は 嘆くな/又精軍 押し発てば/大君しよ よ治らめ/又精百 押し発てば/精高子がす よ治らめ/又国持ちのはらはら/おぼつ庭よ 世 揃へて/又浦寄せのもどろ/神座庭よ 世 添ゑ/又国かねのはらら/島は 平らあげて/又浦治めもどろ/国 広く 添ゑて/又赤口が 依い憑き/精軍てゝ 撥ねて

一きこゑ大きみきや/てるかはは のたてゝ/あんしおそいしよ/てにきや下 おそちへ/又とよむせたかこか/てるしのは のたてゝ/又いせゑけり あんしおそい/あゆかうちは なけくな/又いせゑけりたゝみきよ/おきもうちは なけくな/又せいくさ おしたては/大きみしよ 世しらめ/又国もちのはらはら/おほつなよ 世 そろへて/又うらよせのもとろ/かくらなよ 世 そゑ/又くにかねのはらら/しまは たいらあけて/又うらひちめもとろ/くに ひろく そゑて/又あかくちやか よいつき/せいくさてゝ はねて

天より下の王にせが節[edit]

1-32(32)

一聞得君添い/降れて 遊びよわれば/天より下の/せぢ果報 みおやせ/又精高君添いぎや/又首里杜ぐすく/又真玉杜ぐすく

一きこゑきみおそい/おれて すひよわれは/てによりしたの/せちかほう みおやせ/せたかきみおそいきや/又しよりもりくすく/又またまもりくすく

あおりやくもりやあぢの節[edit]

1-33(33)

一聞得大君ぎや/大国や 世 添ゑる/按司添いしよ 鳴響め/又鳴響む精高子が/又いせゑけり按司添い/又いせゑけり貴み人/又精軍せぢ 勝れ/又精百せぢ 勝れ/又首里杜 ころ/又御島数 ころ/又肝 強く 実に あれ/又肝 強く だに あれ/又気有る精遣り富/又気有る天降り富/〔又〕八重島厳子/肝迷い しめや/又波照間島くはら/肝迷い 取らちへ/又首里杜あせは/土斬りに 斬らせ/又真玉杜ちかわは/土斬りに 斬らせ/又浦の数 神添い/相手為て 守ら

一きこゑ大きみきや/ちやくにや 世 そゑる/あんしおそいしよ とよめ/又とよむせたかこか/又いせゑけりあんしおそい/又いせゑけりたたみきや/又せいくさせち まされ/又せひやくせち まされ/又しよりもり ころころ/又みしまかす ころころ/又あよ ちよく けに あれ/又きも ちよく たに あれ/又けやるせいやりとみ/又けやるてによりとみ/〔又〕やへしまいつこ/あよまよい しめや/又はたらしまくはら/きもまよい とらちへ/又首里もりあせは/つちきりに きらせ/又ま玉もちかは/みちやきりに きらせ/又うらのかす かみおそい/あいてなて まふら

きこへきみおそいが節[edit]

1-34(34)

一聞得大君ぎや/斎場嶽 降れわちへ/うらうらと/御想ぜ様に ちよわれ/又鳴響む精高子が/寄り満ちへに 降れわちへ/又いしゑけり按司添い/搔い撫でゝす 依り降れて/又いしゑけり貴み人/見守てす 依り降れて/又御肝内に 御想ぜ/明けとまに 譬ゑちへ/又肝が内に 御想ぜは/明け立ちに 譬ゑて/又精軍吉日 取りよわちへ/島討ちせぢ もちよろ/又精百吉日 取りよわちへ/国討ちせぢ もちよろ/又威部の祈り しよわちへ/浦々は 寄せて/又司祈り しよわちへ/撫でる曲は 寄せて/又きらの数 吉日の数 祈て/うら

一きこゑ大きみきや/さやはたけ おれわちへ/うらうらと/御さうせやに ちよわれ/又とよむせたかこか/よりみちへに おれわちへ/又いせいゑけりあんしおそい/かいなてゝす よりおれて/又いしゑけりたゝみきや/みまふてす よりおれて/又おきもうちに 御さうせ/あけとまに たとゑちへ/又あよかうちに さうせは/あけたちに たとゑて/又せいくさゑか とりよわちへ/しまうちせち もちよろ/又せひやくゑか とりよわちへ/くにうちせち もちよろ/又いへのいのり しよわちへ/うらは よせて/又つかさいのり しよわちへ/なてるわは よせて/又きらのかす ゑかのかす いのて/うら


おらそいおもろの節[edit]

1-35(35)

一聞得大君ぎや/押し遣たる精軍/按司添いしよ 世 添ゑれ/又鳴響む精高子が/押し遣たる精軍/又あはれ愛し君南風/島討ち為ちへす 戻りよれ/又あはれ愛し君南風/国討ち為ちへす 戻りよれ/又群り合へ子達 大国為ちへ/島討ち為ちへす 戻りよれ/又大ころ達 大国為ちへ/国討ち為ちへす 戻りよわれ/又ゑそこ數 ころ達よ/島討ち為ちへす 戻りよわれ/み御船数 ころ達よ/合おてす 戻りよれ/又おぼつぎやめ 鳴響で/合おてす 戻りよれ

一きこゑ大きみきや/おしやたるせいくさ/あんしおそいしよ 世 そゑれ/又とよむせたかこか/おしやたるせいくさ/又あはれかなしきみはゑ/しまうちしちへす もとりよれ/又あはれかなしきみはゑ/くにうちしちへす もとりよれ/又もりやへこた ちやくにしちへ/しまうちしちへす もとりよれ/又大ころた ちやくにしちへ/くにうちしちへす もとりよわれ/又ゑそこかす ころたよ/しまうちしちへす もとりよわれ/又みおうねかす ころたよ/あおてす もとりよれ/又おほつきやめ とよて/あおてす もとりよれ

あがおなりがみの節[edit]

1-36(36)

一按司添いや/金内に ちよわれ/世の想ぜ しよわれ/大君す 気 遣りよわれ/又按司添いや/京の内に ちよわちへ/世の想ぜ しよわれ/精高子す 気 遣りよわめ/又按司添いや/御肝内は 嘆くな/大君す 気 遣りよわれ/又貴み人は/肝が内は 嘆くな/又首里杜大ころが/島 広く 添へて/按司添いに/世 添へて みおやせ/又御島数ころ/国 広く 添へて/又君南風が/宮古島 走ちへおわれ/島 広く 添へて/又京の主が/八重山島 走ちへおわちへ/国 広く 添ゑて/又八重山島厳子/あせ等 撓めやらば/大君す よ治らめ/又波照間島くはら/ちかわ 撓めやらば/精高子す よ治らめ/又あせ等 撓めやらば/沖膾 すもらん/大君す よ治らめ

一あんしおそいや/金うちに ちよわれ/世のさうせ しよわれ/大きみす けい やりよわれ/又あんしおそいや/けおのうちに ちよわちへ/世のさうせ しよわれ/せたかこす けい やりよわめ/又あんしおそいや/おきもうちは なけくな/大きみす けい やりよわれ/又たゝみきよは/あよかうちは なけくな/又首里もり大ころか/しま ひろく そへて/あんしおそいに/世 そへて みおやせ/又みしまかすころ/国 ひろく そへて/又きみはゑか/みやこしま はちへおわれ/しま ひろく そへて/又けおのしよか/やへましま はちへおわちへ/くに ひそく そゑて/又やへましまいつこ/あせら ためやらは/大きみす 世しらめ/又はたらしまくはら/ちかわ ためやらは/せたかこす 世しらめ/又あせら ためやらは/おきなます すもらん/大きみす 世しらめ

かぐらとよでが節[edit]

1-37(37)

一聞得大君ぎや/鳴響む精高子が/鳴響まちへ みおやせ/又成さい人思い按司添い/吾が搔い撫で按司添い/又京の内の もちよる/もちろ内の もちよる/又国清らは 煽らちへ/あけ珍ら 煽らちへ/又鳴り鳴響み 打ち揚げて/鳴り清らは 打ち揚げて/又大君は いきよて/君々は いきよて/又京の踊り 降れわちへ/もちろかちへ 遊べば/又げらへ大ころ達/算知らん ころ/又肝 揃て そこて/肝 揃て そこて/又厳子 此の御島/くはら 此の御国/又あがな遣り 降れわちへ/養な遣り 降れわちへ

一きこゑ大きみきや/とよむせたかこか/とよまちへ みおやせ/又なさいきよもいあんしおそい/あかかいなてあんしおそい/又けおのうち もちよる/もちろうちの もちよる/又くにきよらは あおらちへ/あけめつら あおらちへ/又なりとよみ うちあけて/なりきよらは うちあけて/又大きみは いきよて/きみは いきよて/又けおのより おれわちへ/もちろかちへ あすへは/又けらへ大ころた/さにしらん ころ/又あよ そろて そこて/きも そろて そこて/又いつこ このみしま/くはら このみくに/又あかなやり おれわちへ/やしなやり おれわちへ

かぐらとよでが節[edit]

1-38(38)

一聞得大君ぎや/鳴響む精高子が/御島 祈られ/又首里杜 ちよわる/真玉杜 ちよわる/又成さい人思い按司添い/吾が搔い撫で按司添い/又大君よ いきよて/精高子よ 手摩て/又ゑそこ名よ 乞ゆわちへ/み御船名よ 乞よわちへ/又天のそこらしや/天の真嬉しや/又世引き富 押し浮けて/せぢ新富 刳り浮けて/又世付き富 押し浮けて/雲子富 刳り浮けて/又舞やい富 押し浮けて/押し明け富 刳り浮けて/又嶽嶽よ 祈て/杜杜よ 祈て/又煽りや 取りよわり/天降りや 取りよわり/又ゑそこ数 付けわちへ/み御船数 付けわちへ/又荒ん 和やけて/青波やよ 凪やちへ/又押し浮け数 見守ら/刳り浮け数 見守ら/又君々しよ よ治らめ/主々しよ よ治らめ

一きこゑ大きみきや/とよむせたかこか/みしま いのられ/又首里もり ちよわる/ま玉もり ちよわる/又なさいきよもいあんしおそい/あかかいなてあんしおそい/又大きみよ いきよて/せたかこよ てつて/又ゑそこなよ こゆわちへ/みおうねなよ こよわちへ/又あまのそこらしや/あまのまうれしや/又よひきとみ おしうけて/せちあらとみ くりうけて/又よつきとみ おしうけて/くもことみ くりうけて/又まやいとみ おしうけて/おしあけとみ くりうけて/又たけたけよ いのて/もりもりよ いのて/又あおりや とりよわり/ておりや とりよわり/又ゑそこかす つけわちへ/みおうねかす つけわちへ/又そさん なこやけて/あおなみやよ とゞやちへ/又おしうけかす みまふら/くりうけか みまふら/又きみしよ 世しらめ/ぬししよ 世しらめ

かぐらとよでが節[edit]

1-39(39)

一聞得大君ぎや/鳴響む精高子が/厳子島 鳴響で/又おぼつ世の 真高さ/神座世の 真高さ/又おぼつ よためかちゑ/天地 よためかちへ/又与那覇浜 依り降れて/雪の浜 依り降れて/又京の内ののろ/もちろ内ののろ/又御世立ちやは ぬき上げて/世立ちやは 押し上げて/又如何る なまたにやか/如何る あよなかか/又君よ 輝あらちへ/主よ 輝あらちへ/又肝 立ち居れども/肝は 立ち居れども/又首里杜 ちよわる/真玉杜 ちよわる/又成さい人思い按司添い/吾が搔い撫で按司添い/又明けの露 おさちへ/霜の露 おさちへ/又厳子島 揃ゑて/此の御島 揃ゑて/又君田降り しよわちへ/主貢 取りよわちへ/又厳子命 継ぎよわちへ/くはら命 継ぎよわちへ/又誇て 知られゝ/そこて 知られゝ/又てるかはが 御差し/てるしのが 御差し

一きこゑ大きみきや/とよむせたかこか/いつこしま とよて/又おほつ世の またかさ/かくら世の またかさ/又おほつ よためかちゑ/てにち よためかちへ/又よなははま よりおれて/よきのはま よりおれて/又けおのうちののろ/もちろうちののろ/又みよたちやは ぬきあけて/よおたちやは おしあけて/又いきやる なまたにやか/いきやる あよなかか/又きみよ かかあらちへ/ぬしよ かかあらちへ/又きも たちよれとも/あよは たちよれとも/又首里もり ちよわる/またまもり ちよわる/又なさいきよもいあちおそい/あかかいなてあんしおそい/又あけのつよ おさちへ/しものつよ おさちへ/又いつこしま そろゑて/このみしま そろゑて/又きみたうり しよわちへ/ぬしかまゑ とりよわちへ/又いつこいのち つきよわちへ/くはらいのち つきよわちへ/又ほこて しられゝ/そこて しられゝ/又てるかはか おさし/てるしのか おさし

せぢやりやりやまとしまひぢめが節[edit]

1-40(40)

一にるや鳴響む大主/かなや鳴響む若主/にるやせぢ みおやせ/又大島 添う 按司添い/たきより 添う 按司添い/又寄り満ちへは やぬて/せぢ寄せは やぬて/又大君は いきよて/精高子は 手摩て/〔又〕 京の内の もちよろ/もちろ内の もちよろ/又誇るてゝ 実に あり/そこるてゝ だに あり/又赤口が 撥ねて/ぜるまゝが 撥ねて/又にるやぎやめ 通ちへ/かなやぎやめ 通ちへ/又あまにこの うらやて/けさにこの 聞ゑて/又にるや吉日 取りよわちへ/かなや吉日 取りよわちへ/又首里杜 うち歩で/真玉杜 うち歩で/又金の御内 真庭に/雲子御内 真庭に/又綾子浜 やびちへ/しつこ浜 やびちへ/又三庫裡 させわちへ/三庭あしやげ させわちへ/又肝が内の 生まれて/御肝内の 勝れて/又英祖にや真末按司添い/でだが末按司添い/又にるやせぢ 有らぎやめ/かなやせぢ 有らぎやめ/又首里杜 栄い/真玉杜 栄い/又大主す 守れ/若主す 守れ

一にるやとよむ大ぬし/かなやとよむわかぬし/にるやせち みおやせ/又たしま おそう あちおそい/たきより おそう あちおそい/又ゆりみちへは やぬて/せちよせは やぬて/又大きみは いきよて/せたかこは てつて/[又]けおのうちの もちよろ/もちろうちの もちよろ/又ほこるてゝ けに あり/そこるてゝ たに あり/又あかくちやか はねて/せるまゝか はねて/又にるやきやめ とうちへ/かなやきやめ とうちへ/又あまにこの うらやて/けさにこの きこゑて/又にるやゑか とりよわちへ/かなやゑか とりよわちへ/又しよりもり うちあよて/またまもり うちあよて/又かねのみうち まみやに/くもこみうち まみやに/又あやこはま やひちへ/しつこはま やひちへ/又さんこおり させわちへ/さんみあしやけ させわちへ/又あよかうちの すくれて/又ゑそにやませあちおそい/てたかすゑあちおそい/又にるやせち あらきやめ/かなやせち あらきやめ/又しよりもり ふさい/またまもり ふさい/又大ぬしす まふれ/わかぬしす まふれ

あおりやへが節[edit]

1-41(41)

一揚がる降り笠が/大君に 知られて/いけな 選らで 降ろちゑ/按司添い 十百末 ちよわれ/[又聞得大君ぎや/群れ島に/御肝せぢ 遣りよわちへ/又鳴響む精高子が/御肝内に 撓よわ/按司添いす]/又揚がる降り笠が/群り合へ君 思い子/持ち成ちやる 生けしや/又ゆきあかりが 思い子/揚がる降り笠が/持ち成ちやる 生けしや/又君々が 思い子/持ち成ちやる 生けしや/[又俵掟/愛しけ貴み人に/知られゝ 按司添い/又げらへよらふさよ/首里杜 降れ欲しや/又げらへゆらふさよ/群れ島に 鳴響で]

一あかるおりかさか/大きみに しられて/いけな ゑらて おろちゑ/あんしおそい ともゝすへ ちよわれ/[又きこゑ大きみきや/ふれしまに/おきもせち やりよわちへ/又とよむせたかこか/おきもうちに しなよわ/あちおそいす]/又あかるおりかさか/もりやへきみ おもいくわ/もち〔な〕ちやる いけしや/又ゆきあかりか おもいくわ/あかるおりかさか/もち〔な〕ちやる いけしや/又きみか おもいくわ/もち〔な〕ちやる いけ(しや/[又俵掟/まなしけたゝみきよに/しられゝ あちおそい/又けらへよらふさよ/首里もり おれほしや/又けらへゆらふさよ/ふれしまに とよて]